認定センター概要

舟山 大器

私たちが安心で快適な生活を営むため、そして社会の発展と維持をさせていくためには、エネルギーは不可欠な存在と言えます。また、このエネルギーは時代の大転換期を迎えているといえます。

2020年菅首相が温室効果ガス排出を、2050年までに実質ゼロにする方針を宣言、また翌年4月には2030年に向けた温室効果ガスの削減目標を、従来の26%削減から46%に削減する(2013年度比)ことを目指すと表明しました。

このことは我が国が世界的な脱炭素標準のスタート地点に立ったことを意味します。しかし、そもそもなぜこの様な宣言が必要だったのでしょうか。

もはや地球は温暖化により危機的状況下にあり、IPCCなど化学的な報告書からも、このまま温暖化が進めば地球は壊滅的な打撃を受けることが予想されています。現在多くのエネルギーが温室効果ガスを排出する化石燃料主体であるため、これからは温室効果ガスを排出しない再生可能なエネルギーへの転換を図る必要があります。同時にどんな資源も無尽蔵にではないため、いつかは化石燃料からの脱却を図る必要があり、人類は今その分岐点に立たされているといえます。そして日本の脱炭素宣言はこの状況を踏まえたものなのです。

一方今までの一般消費者は、エネルギーを消費し需要側の立場でした。
しかし技術の発展により、これからの消費者は

1.自らCO2を排出しないエネルギーを創りだす
2.エネルギーを蓄えエネルギーの平準化を図る
3.エネルギーを効率化し省エネというエネルギーを創る

ということが可能となり、消費者自身がエネルギーをコントロールする時代へと変遷してきているのです。つまり、国民全員がエネルギーをマネジメントする時代になったといえます。しかしながら、一般消費者はエネルギーマネジメントをどの様に活かして良いか分からないのも現状です。

そこで、エネルギーマネジメントをアドバイスする人材の必要性から立ち上がったのが、このエネルギーマネジメントアドバイザーなのです。

「エネルギーマネジメントアドバイザー認定」は、時代の分岐点の中で消費者へのエネルギーマネジメント提案とアドバイジングを行うことで「持続可能な社会」の実現を目指しています。そして、家庭や職場、地域、学校などでご活動いただける「エネルギーマネジメントアドバイザーを育成する」ことにより、持続可能な社会の創出につながるとわたしたちは確信しています。

最後に、日本の明るい未来に向けての一助としての当制度をご理解いただき、皆様と共に持続可能な社会を推進していくことができれば幸いです。本認定のご支持をどうぞよろしくお願いいたします。

エネルギーマネジメントアドバイザー認定センター
センター長 舟山 大器

理念

エネルギーマネジメントに関して健全な普及を促し、エネルギーマネジメントアドバイザーを育成することを目的とします。

活動方針

1. 一般消費者が正しくエネルギーマネジメントを理解するために、消費者に対し、アドバイスが出来る専門のアドバイザーを育成します。
(アドバイザーは、電気工事関係の技術知識ではなく、エネルギーマネジメントを通して将来の生活がどのようになるか、そのためにはどのような設備が必要かをアドバイスできる知識を総合的に習得)

2. 必要な知識を有しているかの認定を行い、認定証を発行する。

3. エネルギーマネジメントに関する技術は日々進化します。
アドバイザーにも定期的に最新動向を学ぶ機会を作るとともに、消費者へのアドバイス品質の維持を図る。(認定証の更新)

組織図

EMA認定センター組織図

講師紹介

センター長 舟山 大器

センター長 舟山 大器

株式会社 舟山コンサルティンググループ 代表取締役社長

私たちは、エネルギーマネジメントの社会的総論と家庭までの各論を理解・実践できる「エネルギーマネジメントアドバイザー」の育成を行い、日本のエネルギー問題を解決していく人材を育てます。

古川幸司

古川 幸司

EMAインストラクター

一般社団法人日本PVプランナー協会 顧問

Wawa企画 代表

松下電工株式会社(現パナソニック株式会社)に入社
在籍中は照明事業、情報システム事業関連を担当
・住宅電気設備関連商品を中心に住宅会社、工務店への開発営業を担当
ホームシステムソリューションを担当
・ホームネットワークシステム~ホームエネルギーマネジメント事業を推進

「防犯設備士」「地球温暖化防止コミュニケーター」「京都再エネコンシェルジュ」
「家庭の省エネエキスパート」「ビルの省エネエキスパート」「スマートマスター」など保有。